AGAに有効な治療薬

頭頂部や前頭部の前髪が抜け落ちたり毛髪が薄くなるAGAは、いまや多くの男性の悩みの種となっています。AGAの進行は意外に早く進むことから放置すると、数ヶ月でヘアスタイルが崩れるほど酷いことにもなり、勝手に治るようなこともないので、気づいたら治療を開始するのが良いと言われています。

 

AGAの治療には主に医薬品による投薬が行われており、薄毛の進行を止めるものや発毛を促進するものとなっています。薄毛の進行を抑える飲み薬はプロペシアと呼ばれ、AGAの原因物質であるDHTを抑制する作用があります。

 

その効果から抜け毛や薄毛を予防し、新しい髪の毛が生えてくる土台を作ることが可能となります。発毛を促進するために使用されるのがミノキシジルと呼ばれる成分で、これを配合した育毛剤や飲み薬を使用し、強力な発毛効果で薄毛の進行より早く髪の毛を取り戻していくという方法になります。

 

プロペシア単体では進行を抑えるだけで、失った髪の毛を取り戻すには力不足と言われ、ミノキシジルでは髪の毛は生えてくるものの、進行を抑える作用がないために徐々に髪の毛が失われていきます。

 

どちらが優れているということはないので、症状に合わせて使い分けるか、お互いの作用に干渉はしないことから、併用して相乗効果で期待することになります。ただし、どちらも医薬品であることから副作用が出ることがあり、併用するとリスクも高まるので、無闇に使用するには注意が必要となります。
m字はげの治療