m字はげの治療に効果的な水の役割とは

m字はげを改善したいと考えている人は、育毛剤や発毛剤、髪に良いスカルプシャンプーなどを使用して治療していることと思われますが、水を飲んでいるでしょうか。

 

m字はげを改善するのに水なんか関係ないのではと思われるかもしれませんが、実は水を飲むことは薄毛の改善治療に非常に大切なことなのです。人の体内では血管内で血が流れていますが、あまり水分を取らない生活をしていたりカフェインやアルコールばかり摂取していると血液がドロドロになります。

 

血液がドロドロになると血流が悪くなり、加えて脂っこい食生活などを続ける結果、動脈硬化などの生活習慣病にかかる恐れがあります。血流が悪くなってしまうと、全身だけでなく髪や頭皮にも十分な酸素や栄養が回らなくなるため、結果的に発毛の機会を逃してしまうことになるのです。

 

それはm字はげに限らず、どんな薄毛の状態であっても大切なことであり、水を飲むことで血液がサラサラになり、サラサラの血液に乗って酸素や栄養素が頭皮や髪の毛に巡るので同時に育毛を促す効果にもつながるのです。

 

そのため、朝起きた時や夜寝る前など、何も入っていないミネラルウォーターを集権づけて飲むのが発毛に効果的だとされます。

 

理想的には一日2リットル飲むのが良いとされていますがいきなりそんなたくさんは飲めないという人は部屋の中に500mlのペットボトルを置いて、気づいたら飲むようにするのが効果的です。寒い時期に朝からたくさん水は飲めないという人は、白湯にして飲むと良いでしょう。

 

水を適度に摂取することは健康にも良く、また知らないうちに人はかくれ脱水症状になっていることもあり、就寝中は夏場はもちろん、冬場でもコップ一杯くらいの水分を消費しているので飲むことが脱水状態を改善するためにも朝と就寝前の水を飲む習慣は意外にも重要なのです。

 

薄毛治療だけでなく、健康のためにも水を飲む習慣をつけることをおすすめします。

 

薄毛治療薬のプロペシアの特徴について

頭皮がはげていくことに悩んでいる人は多く、医療機関では治療薬としてプロペシアの処方が行われています。

 

医療機関で薄毛治療薬を処方してもらうときには、薄毛の診療については自由診療に該当するために、健康保険が適用されないことを知っておく必要があります。

 

保険が適用されるかどうかは厚生労働省が決めることになりますが、厚生労働省の見解では薄毛は年齢と共に進行していく生理現象であると判断されているために、怪我や病気とは異なる取扱いとなっています。

 

プロペシアの処方をしてもらえる病院としては、一般的な皮膚科や専門的な治療を行っているクリニックなどがあります。

 

プロペシアを購入するための料金については、取り扱っているクリニックによって価格が変わってきますが、1か月分として考えたときには8000円から1万円ほどの費用がかかります。

 

プロペシアを服用したときには、稀に副作用を発症する可能性があります。

 

プロペシアの服用による副作用の症状としては、性欲の減退や勃起不全などが挙げられます。プロペシアが薄毛治療薬として機能するのは、男性ホルモンが関係しているAGAの症状のみとなっていて、女性が服用することは禁止されています。

 

AGAは還元酵素の作用によって抜毛が増えるものとなりますが、女性がプロペシアを服用したときには、体内におけるDHTに作用してしまうことで、男の子を妊娠した際に生殖器への影響が出ることが懸念されます。

 

そのために、女性で薄毛に悩んでいる場合であっても、プロペシアを服用することはできず、生殖器がまだ未発達な段階の子どもについても使用することはできません。
AGAを克服

更新履歴